Antique LilleのBlogです


















HomeLace,Textileヴィクトリアンケープ
商品詳細

ヴィクトリアン期のアンティークケープ/マントです。手仕事の一点ものです。正面の真ん中がとても長く、腕のあたりは緩やかな優しいフォルムの大変美しいデザインです。パリの骨董市で見て一目ぼれしました。どんな女性のために作られたのでしょうか?この時代のお洋服というとお色が変色していたり痛みがかなりありますが保存状態が非常に良かったようで外観の目立った痛みや汚れはありません。お写真によって薄く見ていますが全体的に色あせもなく、黒いきれいなお色です。内側のシルクの生地に痛みはありますが今から130年ほど前のものとして考えると大変良い状態です。パリのラベルもついています。前はフックで留めていただきます。ケープ内側後ろにリボンが付いていてウエストの部分で固定できるようになっています。秋口にぴったりのアイテムと思います。専門の方にシルクの下地だけ交換していただいたら外観はこの状態ですので実際に着用も可能です。ボアなどと組み合わせて秋のファッションを楽しまれても・・・またヴィクトリアントルソーをお持ちの方は画像んように飾っていただいても素敵ですよ💕フランス製/1890年代ごろ

サイズ(CM):
前方の長さ:106、後方のハイネックからの長さ:61、後方からの長さ:52、トルソーの肩幅:35-36センチ程度
ケープ/マントでヴィクトリアン期のもので胸周りも結構ゆっとりしたものなので一般的な日本人の身長で肩幅がかなり広い方でなければ大体合うと思います。
私は大柄/167センチあり肩幅が広いので首元が閉まらないという感じです。モデルが悪いので着た画像がなくてすみません。私も一応羽織ってみましたがトルソーに掛けている雰囲気より、実際に着ていただいた時はずっと素敵です。


victorian cape, mantle
他の写真(必要がある場合はこちらに添付)








ヴィクトリアンケープ[te17-073]

[SOLD OUT]
◆画像について◆
一番左端以外の画像はマウスを当てただけでは画像が乱れます。(こちらは携帯版の方への画像となっています。)
パソコンからご覧になられる場合は画像をクリックしてからスライドしてご確認ください。または他の写真でも画像がご確認いただけます。